トヨタシエンタ車中泊はグッズを揃えれば出来る?!

シエンタは小型で女性に運転しやすいので人気があるミニバンです。

スタイリッシュなデザインでファミリーカーとして評判もいいです。

今流行りはオートキャンプ、ビーチでのキャンプ!!

たくさん道具を詰める車があればok!

テントは不要、クルマの中で泊まればいい。

車中泊は便利だが安易に行動に移すと後悔する

そこで車中泊のメリット・デメリットをみていきたいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では70万円
になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク

デメリット

シエンタは小型なので狭い

大人の男性は足が伸ばせないくらい窮屈。170センチ以上だと厳しいかも。

ライバル車のホンダのフリードはトヨタのヴォクシーは広々寝れます。

後部シートの二列目、三列目のシートを倒してもフラットにできない。

ホンダフリード、ヴォクシーはシートを倒しても凸凹面がないので気持ちよく横になれます。

スポンサードリンク

メリット

オートキャンプに出かける時は荷物が一杯収容できる

大人2名、小さい子供2名程度なら前のシートを倒せば比較的ラクに寝れます。

最大7人乗れるシエンタだけど車中泊は7人には難しいですね。

引用to-sie04-ac01001-006

スポンサードリンク

車中泊快適に過ごす方法

車中泊快適グッズがあることはご存知ですか?

トヨタの純正用品だと高くて買えないので楽天やアマゾン、Yahooショッピングにあるカー用品店で快適に泊まれるグッズを紹介します。

エアークッションとは

まず、シートがフラットになるようにするエアークッション

クルマで快適に過ごすために

口コミ

シートを倒してフラットになっていない部分に服やクッションを無理やり挟み込んで解消していたが

⬇  ⬇

出っ張りがカラダに当たって快適に寝れない

遠出する時はシートの落ち込みにクッションを入れて上からラグマットを敷いていた

⬇  ⬇

タダでさえ荷物が多いのに荷物が余計に増える

車中泊は寝袋で我慢する

⬇   ⬇

翌朝 背中が痛い

首や肩腰がさらに痛い

これを解消してくれるのがエアーマット!!

8センチの厚み、程よい弾力、寝返りが楽に打てる

高反発ウレタンフォーム

使わない時は小さく畳んで袋に入れて荷物の隙間に収納出来る

使う時は簡単!

エアバルブを開けるだけでエアーマットは自動で膨らむ

2箇所にバルブがあるので一気に空気を送り込めます。

約5分でセッティング完了

女性でも簡単にできます。

5000円くらいで購入できます。

夏だけでなく冬も快適に車中で過ごせますね。

外から見えないカーテン

外から覗かれると楽しい車中泊も台無しです。

トヨタの純正のカーテンは高価だったりイマイチデザインとか隙間から覗かれてリ

何かと不便だったりします。

サンシェードは窓に吸盤で止めるタイプ

よくフロントガラスに駐車時にサンシェードを立てかけますが、クルマに乗る時に暑くて

暫く乗れない時もあります。

楽天などで売っているサンシェードは窓に貼るので隙間を作らない

エアコンの効きもいいです。

窓を全部覆う形で一万円前後で買えます。

まとめ

エアーマットとサンシェードが最低限あれば狭い車内でもなんとか車中泊を楽しめることがわかりました。

車中泊は冬でも出来ること

工夫すれば棚を作って二段ベットにすることができると提案している人もいるくらいだから

ほんとにシエンタが好きでシエンタを家族の一員として大事に工夫して乗っている人がいることに驚きました。

新しい発見をしていきたいと思います。

シエンタを値引き金額から更に40万円安く買える方法

このシエンタ予算オーバーだ

値引きで安く買いたい・・・

ディーラーを回るのが面倒だ・・・

新車をお得に最安値で手に入れたい・・・

ディーラーの売り込みがイヤ・・・

 

などシエンタの購入を検討しているけど悩みが尽きない

 

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談してもまともに聞いてもらえず

また聞いてもらっても欲しいクルマに手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

 

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では70万円
になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする